母乳がでない時の原因は一体なんなのか?

身も蓋もないかもしれませんが、わかりません。強いて言えば、体質と環境なのではないかな、と思いますよ。私の一族は母、叔母、私、妹、従姉妹2人が子どもを産んでいますが、母乳だけで子どもを育てたのは、従姉妹のうちの1人だけで、他は全員母乳だけでは足らず、混合か完ミです。

それぞれ食べているものも好みも違いますし、バストのサイズも環境(専業主婦か、核家族か、など)も様々ですが、母乳が出にくい、ということは共通しているようです。逆に母乳のみの育児が物珍しく、はじめて完母の育児をしていた従姉妹には、母や叔母も「荷物が少なくていいのね」とか「預けて美容院行けないのはかわいそうね」とか興味津々でした。その従姉妹も叔母と同居でしたし、なぜ彼女だけよく母乳が出たのかは謎です。

 

母乳がでない時にできる対策と先輩ママからのアドバイス!

ママが苦痛でないのなら、赤ちゃんが嫌がらない範囲でおっぱいを吸わせてあげるといいかもしれません。まずおっぱい、口を離してからミルクをあげるのを習慣化する、などです。そうすることで母乳がたくさん出る効果があるかは人それぞれだと思いますが、よく言われる赤ちゃんとの肌のふれあいや、口の周りの筋肉の発達を促すことにはつながるのかな、と思います。

娘は私の出ないおっぱいを2歳半までもぐもぐ吸ってからのミルク、でしたが、今本人に聞くと、たくさんは出なかったけどじわっと甘かったから好きだったと言っています。ママのおっぱいを吸っていた、という記憶としては残っているみたいなので、それはそれで良かったのかなと思っています。

 

母乳がでなくてもミルクで赤ちゃんは元気に育ちます

母乳がでなくてもミルクで赤ちゃんは元気に育ちます。私の一族は、3歳から今大人になっている人を含めて、10人のうち9人が混合、もしくは完ミですが、成長や発達に問題があった人は誰もいません。むしろ、完母の甥が言葉がゆっくりでみんなが心配したくらいです。

私自身は完ミ、娘は混合で育ちましたが、ありがたかったのは母乳が出ない一族に育ったので、母乳が出ないことへの罪悪感があまり強くなかったことです。母乳が出るなら母乳で、という思いももちろんあり、激痛の母乳マッサージを受けたり、おっぱいが出るお茶を飲んで娘に下痢をさせてしまったり、試行錯誤はしました。が、やはり出ない、と分かった時のガッカリ感はそこまで強くなかったのは幸いでした。

実母や叔母も、ミルクで当たり前のように接してくれたのは大きかったです。努力して出たらラッキー、出なくてもミルクがある時代でラッキー、くらいの気持ちで育てても大丈夫なんだな、と今は思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました