5歳児の子供の特徴とは?

大人から見れば「小さい子」の部類に入りますが、子供の世界では幼稚園や保育所の年長さんです。いわば、「一番大きなお兄さん、お姉さん」なのです。本人たちも大部分が自覚しています。小さな大人なのです。

でも、当然一人一人のお子さんは違いますから5歳になったから一人前だと突き放すのは違うと思います。このさじ加減が難しいのが5歳児なのです。幼稚園ではお兄さんとして頑張って来ますが、時にはお家でチラッと赤ちゃんぽくしたり、甘えたりします。そこを100%受け止めるのは不可能ですが、出来るだけお子さんの心に寄り添う事で、精神的にだんだんと強くなり自信がつき、以降の小学校生活での成長に大きく影響していく重要な時期なのです。

 

母親(父親)として心がけておくポイントは?

身構える必要はありません。お子さんの様子を観察して、会話とスキンシップを心がけるだけでも十分です。お父さん、お母さんがお話を聞いてくれるだけで嬉しいのです。嬉しい事は安心となり、大きくなってからも「困った事があったら、親に相談しよう!」と思うものです。思春期になって「うちの子学校の事なんか何も言わないのよ」と愚痴るお母さんがいますが、幼児期に十分接してあげられなかった事も一因しているのです。「どうせ親は私の話なんか聞いてくれない」と思っているかもしれません。将来的にはどちらのお子さんの方が良いかは一目瞭然ですね。

それから、親になったからと子供より上にいるご両親がいます。昔のドラマのセリフで「親に向かって何だ!」と怒る親御さんといえば分かりやすいでしょうか。どうか、親子でも人間対人間の付き合いをしてください。親と子に壁が出来るのは良くありません。「パパ、今日は会社で失敗しちゃったよー」位で接していれば5歳児になれば「大人も大変なんだな」と社会勉強をします。子供の目線で接してあげましょう。

 

5歳児の育児を乗り越える先輩ママからのアドバイス!

会話とスキンシップが重要と述べましたが、5歳児になると「僕は〇〇が好き!」が出てきます。例えば夢中で絵を描いているわが子に何やかんやと話しかけるのはダメですよ。過度のスキンシップを嫌がる子もいます。子供の世界に土足で踏み込むような事をすると嫌われますよ。コツとしては、親御さん自身が言われたら、やられたら嫌な事は子供にもしてはいけない、と心掛ければ難しくないですね。

あと厄介なのが反抗期です。成長とともにお口も達者になります。5歳ともなれば大人が負けてしまいそうな事を言ったりします。親も仏様ではないのでムカっとして親子喧嘩にもなるでしょう。これも人間対人間の一つの活動です。でも、落ち着いたら「〇〇って言われてママ悲しかったな」とか「パパさっき言い過ぎたよ、ゴメン」の一言が大事です。

お子さんは静かにその言葉を受け止め、考えるはずです。5歳児は大人になる前の第一の親子の信頼関係を築く大切な時期なのです。お仕事など事情もあると思いますが、可愛いわが子との時間はあっという間に過ぎていきます。1日1日時には失敗しながらも積み重ねていってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました