夫が口先だけで何も動いてくれない原因は一体なんなのか?

恋愛をしていた時はお互いに想い二人だけの世界でいられたのですが、子育てが始まってしまうと出産という大仕事を無事やり遂げた女性はその体験から、知らず知らずのうちに「母」へと心身共に成長しています。

夫にしてみれば横に並んで歩いていたと思った妻が、一歩も二歩も先に子供を伴って進んで行くようで、置いて行かれるような不安や何かしなくてはならないという義務感から口先だけでも一緒にという雰囲気を出して注目してもらおうと思うのでしょう。

残念なことに口で言うほどの経験も無く、手慣れた様子で子育てや家事をこなす妻のように自分もと思うのですが、手伝おうと思う端から妻がやり終えてしまうというのが原因ではないでしょうか。

 

夫が口先だけで何も動いてくれない時の効果的な対処法とは?

口先だけでも関心を示しているということを良い方向にとらえて、いつの間にか自分が夫よりも経験もあり出産ということを成し遂げた強さを持っているのだという自信を、優しい気持ちに切り替えてみてはどうでしょう。

経験が無いことを少しでもやってみるチャンスを与えてあげて、笑顔で褒めてあげることです。小さなことでもお手伝いしてもらったら「助かった」という感謝を告げて彼に自信を持たせてあげて、他のことにも携わってみようと自発的に動ける基礎を作るのです。

分からないことや経験のないことをちょっとやってみたがうまくいかないというのは誰にでもあること。そんな時になじられたりじゃけんにされると男性は委縮してしまいます。反対に褒められればやる気になります。

 

口先夫を動かすための先輩ママからのアドバイス!

高齢者のご夫婦で仲良く過ごしているという方は、夫を上手に育てて自分の味方につけている方が多いようです。子育て中に夫を褒め育てて、家事や育児に知らぬ間に参加させて上手にらくちんな人生を送っているというのは、なかなか知恵者のやり方。

子育てのたいへんな部分を一緒に喜んでやってくれる夫は、妻の育て方ひとつです。できないことを嘆いたりなじったりするよりも、小さなことでもやろうとした気持ちを汲んで感謝したり褒めたりすることで、夫はまたやってみようと思うのです。

できなかったり失敗したりした時に、どうすればもっと上手くいくかを優しく笑顔で教えてあげること。

強くなじったりすれば、せっかくのやる気は失せてしまいます。子育てと同じか、それ以上に夫育ては重要。子供が育ったあと、ふたりの暮らしも家事を分担して楽に暮らせるようになります。

パパの育児の悩み
シェアする
ママコ編集部をフォローする
子育てママコミュニティ|mamaco(ママコ)

コメント