もしもマタニティブルーになったら?

現在妊娠している人も、これからの人も、マタニティブルーという言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
マタニティブルーとは妊娠をしたことでホルモンのバランスが崩れてしまい、心が不安定になったりすることです。
マタニティブルーは延々と続くわけではありません、いつかはきっと元の自分の心に戻ります。
マタニティブルーにもしなった場合は、必ずパートナーと話し合う機会をつくってください。旦那さんとマタニティブルーとはどういうことなのか。
心の変化などをいち早く気づいてお互いにフォローしあえるようにきちんと勉強をすることが重要だと思います。
一番大切なのは、旦那さんの理解です。妊娠をすると心お変化だけでなく体も変化します。ささいなことでも情報を共有して、ケアをしてもらいましょう。 

私はこんな風にしてマタニティブルーを切り抜けました

私は生まれながらに子宮奇形でした。その為、ホルモンバランスも乱れやすく、マタニティブルーは想像以上に大変なものでした。
当初マタニティブルーの知識がほとんどなかった為、「なぜこんなに心がつらいのか?」とわけもわからず延々涙が止まらなかったこともありました。
旦那さんも男性なのでホルモンのことも妊婦さんの体のつらさも全く理解していない状態だったので、情緒不安定な私についてこれず、喧嘩が絶えませんでした。
なので一度二人でゆっくりと話しあい、マタニティブルーやホルモンバランスについて詳しく調べ、一緒に情報を共有しました。
そのことで旦那さんも理解をしてくれるようになり、マタニティブルーの期間中を乗り越えることができました。 

マタニティブルーになった時に気を付けることは?

人によって症状はちがうと思いますが、イライラがつのってよく怒ってしまうと、お腹の赤ちゃんによくないと思います。
お母さんと赤ちゃんはひとつの体です。なので、お母さんの心の変化を赤ちゃんは感じ取ってしまいます。
イライラしてしまったり怒りっぽくなってしまった場合は、深呼吸をすること。一息呼吸をおいて気持ちを切り替えることでイライラしても
そのイライラの気持ちを逃すようにしていました。
それと、できるだけ人に会うこと。友人や知人、家族でもいいですが、人に会ってお話をしたり楽しい時間を過ごすようにしている時は
悲しい気持ちや怒りっぽい感情などの負の感情が出なかった気がします。たくさん笑うことを意識していれば精神的にも楽になると思いますよ。 

マタニティブルーを経験した先輩ママからのアドバイス!

マタニティブルーは本当に辛いです。妊娠するということは神秘的なことです。体だけでなく心も含めてトータル的に変化します。
その急激な変化になかなか心が追いついていかないこともあると思います。
悲しくなったり、イライライしたりそれは仕方のないことだと割り切って受けとめることが大事だと思います。
自分もつらいですが、何よりも大変なのはパートナーだと実感しました。
いつもプンプンやつ当たりしてしまったり、昨日は機嫌がよかったのに今日はテンションが低くて絶望亭なオーラをだしていたり、
仕事して帰宅した家にこんな妻がいたら、旦那さんはどう思うでしょうか。私は相当苦労をかけてしまいました。
妊娠は一人でするものではありません。旦那さんと二人で話し合い、支えあって理解しあって乗り越えていきましょう。

妊活・妊娠・産休
シェアする
ママコ編集部をフォローする
子育てママコミュニティ|mamaco(ママコ)

コメント