マタニティブルーニってどんな感じ?

マタニティブルーとは、出産後に急に気分が落ち込んだりイライラしたり、涙もろくなって情緒不安定になる状態のことを言いますが、最近では産後だけでなく妊娠中にこうした状態になることも指すことが多いようです。
私も妊娠中と産後両方に軽減しましたが、気分の変動が激しくて自分で自分をコントロールできないといった感じ出した。普段なら気にしないような些細なことでもものすごく反応して落ち込んで涙が出たり死にたくなってしまったり、今思えば異常でしたね。
環境の変化に戸惑いを覚えていたところもありますが、それだけでなく急激なホルモンバランスの変化も関係あったのだと思います。ちょっとした事にイライラカリカリして、主人にも母にも迷惑をかけてしまいました。 

みんなマタニティブルーニなるものなの?

みんながみんなマタニティブルーになるわけではないと思います。ホルモンバランスの変化に振り回される部分は大きいですから、おそらく誰しも妊娠する前と比べると変わる部分はあるものですが、私の友達の中には全くそんなもの無縁で、妊娠中も出産後もずっと楽しそうに過ごせている人もいました。
よく考えてみると、そのようにマタニティブルーにならない人の特徴としては、普段から自分の気持ちやストレスを溜め込まず、うまい具合に流したり発散できる人であったり、人に頼るのが上手な人であった気がします。周りにうまくお願いできて協力してもらえて、一人で抱え込まないということが、マタニティブルーにならないポイントなのかなと思います。 

家族やパートナーにはどんな協力をお願いしたらいい?

とにかく自分だけで赤ちゃんの世話をしようとせず、授乳以外のオムツ替えや寝かしつけなど他の人でも出来ることは積極的に周りを頼りましょう。産後は思った以上に疲れていますから、お母さんは体を十分に休めることも必要です。それに自分だけで全てやろうとすると、もし自分が倒れてしまった時に急に周りにお世話をお願いしても慣れていないので戸惑いますし、赤ちゃんの方も急に知らない人にお世話をされるのは不安になってしまいます。
授乳だって、しんどい時や夜はミルクにしてもいいと思います。赤ちゃんて産まれてしばらくは夜も頻繁に起きますので、最初から夜はミルクにして、家族やパートナーにあげてもらうようにすると決めておくのもいいですね。 

マタニティブルーを経験した先輩ママからのアドバイス!

自分ではどんなに頑張ると思っていても、ホルモンバランスの力には逆らえません。それに無事出産が終わったあとは、ようやく赤ちゃんに会えて感激の時でもありますが、体はものすごく疲れています。
やっと会えた赤ちゃんのお世話を自分が精いっぱいやりたいと思う気持ちはわかりますが、育児とはこの先とても長いものです。なるべく自分のこともいたわってあげられるように、旦那さんや両親には積極的に頼り、日々の家事などは宅配サービスやファミサポなども多いに利用しましょう。
お母さんの不安な気持ちはどうしても赤ちゃんに伝わってしまいます。まずはお母さんが元気にならないと始まりませんから、赤ちゃんの為にも自分を追い込まず、適度に力を抜きましょう。

妊活・妊娠・産休
シェアする
ママコ編集部をフォローする
子育てママコミュニティ|mamaco(ママコ)

コメント