「もしかして妊娠?」と思ったら?

生理が遅れている事で妊娠かもと思う方も多いかと思います。妊活している方なら、基礎体温をつけていると高温期が長く続いている事で気づくかもしれません。早い方なら、妊娠初期症状が出始める事も。なんだかだるくて身体が重く感じる、とか、いつも美味しく食べてるものが味が違く感じる、とか。(私は日々美味しく飲んでいたウーロン茶の味が変わりました 笑)
あれ?!と、思ったらまず、市販の妊娠検査薬での検査をお勧めします。お仕事やプライベートでなかなか時間が取れない方もいるでしょうし、産婦人科はハードルが高く感じる方もいるでしょう。でも妊娠の有無は、自分の身体の為にも早めにわかっていた方が良いと思います。正常妊娠なら良いのですが、子宮外妊娠などの問題もゼロではない為です。なので、妊娠を疑ったらまず妊娠検査薬を使ってみてください。ドラッグストアで購入できます。現在の検査薬は精度が高く、そこで得た結果の信憑性は高いです。もし陽性反応が出たら早めの病院での受診をお勧めします。検査薬は、生理予定日の1週間後から使用できます。あまり早すぎると正しい結果が出なかったり、直前にお茶やコーヒーなどの水分を取りすぎてると尿が薄まって正しい結果が出なかったりしますので注意して下さいね。なので、2回分入っている検査薬だと安心かもしれません。(私の体験談です。笑) 

妊娠直後には事務的な手続きはあるの?

病院を受診し、妊娠が確認そして心拍が確認できると、医師から「妊娠届出書」がもらえます。(私の場合は医師からでしたが、地域によっては地方自治体の役所でもらえる場合があるそうです。病院に確認するか、地方自治体のホームページ等で確認してみて下さい。)妊娠届出書の記入が終わったら(医師の診断書は不要。また、医師の記入箇所はありません)、お住まいの市区町村の役所に提出し、母子手帳の発行、となります。母子手帳を受け取る際に、妊婦健診受診の補助券をもらえます。また、保健師さんによる相談や母親学級などの情報ももらえることも。受診の補助金額に関しては、各地方自治体で異なります。なので違う地域に住んでいる友達の方が手厚い!と思うことも、またその逆も(笑)どちらにせよ、受診の補助券は重宝しますので、早めに手続きして母子手帳と共にもらっておくことをお勧めします。 

妊娠した後の病院選びのポイントは?

病院選びは、ご自身の置かれている環境や状況で選んで良いかと思います。自宅の近辺を選ぶのも良し、実家より遠方に住んでいる方は、実家近くを選ぶのも良し、です。(いわゆる里帰り出産と呼ばれるものです。)他にも持病をお持ちの方だと、最初に妊娠確定した病院から指定される事もありますし、そうでなければ、各病院での特色から選ぶ方法もあります。出産後のお祝い膳が豪華だから、無痛分娩をやっているから、夫の立合い出産が可だから、母子分離又は母子同室だから、母乳に対するフォローが手厚いから、新生児集中治療室(NICU)が併設されているから…などなど。そんな中から選ぶのも良いかと思います。病院によってだいぶ違うので、ホームページや、友人の口コミなどでいろいろ調べてみてくださいね。ただ、最近は産科の数が少なくなってきているので、希望をしても断られる場合も。早めに動くことをお勧めします! 

先輩ママからのアドバイス!

病院選びについてですが、とにかく産科の病院は現象傾向にあるため混みあっていて断られる事が多いです。人気の病院なら尚更です。なので、妊娠を疑った最初の受診から出産したいと思える病院にするのもお勧めします。里帰り出産される方は、早めに実家近くの病院を調べて「何週までに受診をすれば分娩予約は可能か」を電話で問い合わせておく事をお勧めします。ちなみに私は里帰り出産で実家近くの総合病院で出産しましたが、妊娠12週までに受診してくれないと分娩予約はできない、と言われ、すでにそのときは11週だったので慌てて受診しました(笑)
なので、妊娠がわかったらまずだんな様と出産までの計画を立ててみると後で慌てる事が少なくなると思います。
とにもかくにも。妊娠出産は人生の一大イベントです!そのイベントをまず楽しんで欲しいと思います!

妊活・妊娠・産休
シェアする
ママコ編集部をフォローする
子育てママコミュニティ|mamaco(ママコ)

コメント