育児とお掃除を両立させるために大切なことは?

新生児の頃はお部屋を汚すこともないですが、1歳2歳3歳..とどんどん活発になるにつれ、どんどんお部屋がおもちゃだらけになっていきます。また、子供が汚すだけではなく、パパの服の脱ぎっぱなし、日々の汚れ、ハウスダスト、気になるところは沢山!育児とお掃除の両立はなかなか難しくてストレスが溜まります。

やらなきゃいけないのに効率が悪くイライラ..なんて事もあります。けれど、ある時から楽になったのです。大切なのは心のストレスもお部屋の汚れも溜め込まないこと。それがコツだと思います。育児もお掃除も毎日やるだけで、とっても偉いんです。自分で自分を褒めて、旦那さんにも褒めてもらって、面倒だけどやらなければいけないお掃除を片付けていきましょう。

 

お掃除を効率よく進めるための具体的な手順を解説!

まず自分の特性を知って、効率の良い流れを考えます。わたしの場合は旦那の出勤時間が早い為、起床時間も早かったのですがここで大切なのは、子供が寝ている時間を利用する事です。子供が寝ている時間に集中して掃除したい箇所を掃除します。

例えば、お風呂の排水溝の掃除。始めてしまうとお風呂場から離れられなかったり、薬剤を使用して掃除したりもするので、子供が起きていると中断しなきゃ行けなかったり危険が伴ったりします。

そのような、集中して終わらせたい箇所を済ませてしまうのです。そこが何箇所か終わってしまえば、あとは子供が起きてからでも、子供を見ながらチョコチョコ掃除が出来ます。中断するとストレスもないですし、はかどるのでとてもオススメです。

 

お掃除を進めるときの必須アイテムはこれ

子供が5歳まではおもちゃをしまうところは、大きなカゴの1箇所にしていました。おもちゃを分類して片付けさせるのはもう少し大きくなってからでもいいですし、何より子供もわたしも簡単に片付けをして、掃除が出来ます。

あとは、ウェットタイプのクイックルワイパーは必須です。飲み物をこぼしたり、床がベトベトしているのは毎日のようにある事なので、さっと拭き取れるようにすぐ手に取れるところに置いていました。そうすると常に床はピカピカを保てます。

子供が小さい時はあまり薬剤を使いたくない気持ちもあったので、掃除にはよくクエン酸や重曹も使っていました。口に入れられるもので油汚れを取ったり清潔に保てたいたと思います。安心して使えるのもいいですね。オススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました