父親が育児に関わってくれないとどうなる?

父親にも手伝ってほしいけど、仕事が忙しかったりで育児に関わってもらえない家庭も多いと思います。確かに父親は家庭を養うために仕事を頑張ってくれていますが育児をすることは母親だけではたいへんです。

特に赤ちゃんの間は夜泣きに悩まされる母親も多いですよね。育児に家事にと母親だけでは疲労もたまってしまいます。

また母親だけが育児をすることで赤ちゃんの夜泣きで寝不足が続いたり、疲れから泣き止まない我が子にイライラしてしまうこともあると思います。

育児って結構体力も必要なので、母親が無理をしてしまうとからだを壊してしまう原因にもなります。
また、父親が育児に関わってくれないことで「なんで全然育児手伝ってくれないの?2人の子供なのに」とストレスが溜まって夫婦間もうまくいかなくなることもあると思います。

 

私が実践した父親を育児に関わってもらった驚きの方法

私の主人は、私が産後に体調を崩したことで育児を積極的にしてくれるようになりました。産後って1人で頑張りすぎると本当にからだを壊してしまうんですよね。

私は過敏性腸症候群になり腹痛に悩まされ寝込んでしまうという日が数日続きました。子供が気になるのですが腹痛で動くに動けず昼間は実家の母に助けてもらい、夜は主人が育児をしてくれました。

「父親が育児をしなければいけない」状況になったのです。私が寝込んでいるので、主人も自分がするしかない!と思ってくれたようで、慣れないながらも必死で育児をしてくれました。

仕事から帰ってきて育児に家事にと助けてくれたのです。その期間に主人も「育児って大変なんだ」ということを理解してくれたようです。

 

パパが育児に関わることでママも助かります

パパが育児に関わってくれることは、凄く助かります。ママは毎日子供につきっきりで寝不足になりながらも、家事を必死にこなしていますよね。

でも、ほんの少しの時間でもパパが育児に参加してくれるだけでモチベーションが上がります。少し休んでまた育児がんばらなくちゃ、と思えるのです。ちょっとでも自分の時間があるかないかで育児に対するしんどさも軽減されます。

また、パパが育児をしてくれることでなかなか行けなかった美容院に行ったりたまには息抜きすることも大事ですよね。

普段は子供が優先で家事がなかなか進まなかったりすることもありますがパパが積極的に育児に参加してくれることで溜まっている家事もはかどります。これが本当に助かるのです。

なので我が家では主人が育児を手伝ってくれているときは必ず感謝の気持ちを伝えるようにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました